情報技術が社会基盤となっている今日において、その基盤を作り上げる役割を果たすプログラマは多くの人が目指す職種の1つとなってきている。
しかし、熾烈な開発競争が繰り広げられるIT業界においては戦力となる人物が求められており、就職や転職に際しては資格等を有しているということも大切だが、むしろ現場ですぐに働き始められるかどうかということが重視されて採用される傾向が強いという特徴がある。

そのため、就職や転職において有利に動けるようにするためには、現場での経験を積み、できることなら実績を上げておくことが大切になる。

そういった目的で有用なのが、派遣会社を利用するという手段だ。正社員で採用されるのにはハードルが高いようなスキルや経験しかもっていなかったとしても、派遣会社であれば仕事を獲得できる可能性が高まる。
なぜなら、派遣会社に求人を出すときの多くは臨時で増員が必要になったケースであり、自社の求人で人を集めていては遅く、人の質よりも数と早さが重要になることが多いからだ。

そのため、経験が浅くてもある程度のプログラミングのスキルがある人を集めたいという場合が比較的多く見られるのだ。こういうときに実際に行える仕事はプロジェクトの方向性や規模に依存するため、必ずしも希望の仕事ができない可能性もあるが、正社員として就職するためのステップアップと考えると、プログラマとしての道が切り開けるのだ。
このように、場数を多く踏み経験を積みたいプログラマは、派遣という働き方があるということを頭にいれて置くといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です